ブログ

クライミング力学はじめます

2019年3月から大阪狭山市の MINORITÉ/ミノリテ さんにて、 四年ぶりにクライマーのための骨格コンディショニングレッスンを再開させてもらっています。

犬がいちばん手のかかる仔

この4年間で結婚して2人の子供と1匹の犬が家族になりました。ありがたいことに当時レッスンの依頼を数多くいただいていましたが、結婚して出産するには年齢的にギリギリだと猛烈に危機感を感じていたので、あのタイミングで仕事<婚活にシフトしてよかったです。4年のブランクにも悔いなしかな。

そうはいっても、久しぶりのレッスンはしどろもどろであっぷあっぷ。
子育てでテレビも見てないから“スポーツクライミングがオリンピック競技になった!”くらいしかクライミング関係の情報は知らず。
昨今のクライミング界がどうなってるのかわからないままでレッスンを再開して、ちょっとずつ情報のアップデートを図っています。

すっかり忘れてたクライミング力学の考え方。

基本機能とは、歪みのない骨格構造で2本足で立ち、歩くこと。
ヒトの本来あるべき骨格構造こそが、もっとも機能する状態。質の高い動きが生まれます。猫背にO脚。カラダ、崩れていませんか。基本機能を見直してみませんか。

クライミング力学とはに紹介しています。


トレーニングで強くなる。その前に土壌となる骨格を整えましょう。骨格を支える小さな筋肉を活性化して、全身を総動員して協調性や筋出力を上げましょう。

シンプルだけど忘れがちな基本の部分を私も思い出しました。

4年前の自分、結構がんばってたなー、まぁまぁ言いこと書いてるやんとブログを見直しています。
そしてそのレッスン内容が地味でキツくて最後はみなさん目がウツロだったことも思い出しました。
過去の反省を踏まえて基本をしっかり。少しだけリニューアルしてカリキュラムを更新しています。



次回のレッスンご案内

↓↓↓
↓↓↓

股関節が硬いクライマーのための骨格コンディショニングレッスン

★レッスン概要
*骨盤と股関節の関係、股関節を動かす筋肉と骨格の理解
*股関節が動くための姿勢解説
*股関節の可動域を拡げて立体的に動かすためのエクササイズ
*ミノリテオーナーINOさんによる股関節課題でレッスン前後の動きの変化を確認

★開催日時: 4月15日(月)14時ー(70分の予定)
★料金: 2000円/要別途ジム利用料
★お申し込み: MINORITÉ/ミノリテ までお電話ください!/072.289.6059
★定員: 8名/定員に達し次第募集を締め切ります

ご参加お待ちしております!

 

足の機能チェッキング、左右で苦手ムーヴがある理由

クライマー 足 使う

最近、レッスンのアップ&機能してない部分を自覚してもらうために始めたつま先歩き。

 

小さい子の生活を見学してると、つま先立ちの瞬間がすごく多いです。
背が小さいから、上のものを取ろうとするたびに伸びあがってる。足ぴんぴんです。
大人になると日常で踵を上げるなんてほとんどない。むしろ、猫背で小さくなってるし…

だけど登ってるときは、踵を上げ(足首を伸ばす)ないと、体を持ち上げたり、かき込んだり、踏み込めない。

 

 

とりあえずやってみてもらった。

◆だんだん踵が上がらなくなってくる
◆ふらつく
◆足がつりそうになる
◆親指側にしか体重がかけられない

 

 

 

【やり方】

踵を上げて爪先立ち4歩踵を落として普通に2歩歩くつま先立ち4歩踵落として2歩。。。。

 

これの延々と繰り返しながら、うろついてください。まずは2分続けます。1、2、3、41、2と心のなかでカウンティング。
上げ2歩、下げ2歩でもOK。

 

 

足の指で床をつかむ、というより床を押す感覚です。

目線はまっすぐで、おなかから体が動くようになります。

 

左右の違いが、すぐ分かると思います。
機能してない方があるために、同じムーヴでも右はぜんぜん苦手という理由につながります。※それが全てではないですよ

筋力がないのではなく、“機能してないから”。
最も弱い環の法則ってやつですね。

 
この動きを続けてみても、復活の兆しがないなら、やばし。
通信講座動ける体編で、足の機能改善がオススメ。

 

足の左右での機能差が、体の歪みになり、肩、指、腰の痛みへと。。。あな恐ろしや!

 

芦屋教室でのレッスンでした

2015-06-01-15-15-30_deco
来月、大阪に引っ越すため、芦屋教室での最後のレッスンでした。
良いお天気で、清々しい空気のなか、ヨレヨレになるまで動いてもらいました。

 

クライマー、ボルダリングの怪我予防コンディショニング
基本機能改善エクササイズでは、上半身が強すぎて、目的とする股関節から足の指先を全く動かそうとしない。
それを解消するために、参加者さんが敢えて上半身を封印。

 

いいよ!それいいわよ!

素晴しいアイデアやたくさんの質問。
みなさんが積極的に参加してくださるのは、めちゃめちゃうれしいですね。

2015-06-01-15-15-06_deco
はじめは、あちこち痛かった動きも、最後にはスムーズさが出てきました。
特に、骨盤の後傾が動きを妨害してる様子。

 

足の指動かない→骨盤後傾

その結果
・股関節が動かない
・膝故障
・猫背で、肩、指、肘故障
・腰痛

 

かなり地味な動きのなかで、普段使ってない部分にスイッチを入れていきます。

 

・どれだけアウターの大きな筋肉に依存しているか。
動かせてない関節があることで、代償運動が起こっているか。
・なぜ、動かないか。

 

骨格構造からその理由を説明して、実際に動きのなかで納得する。

目からウロコな情報だったそうです。

 

「ここまで体が動いていなかったのか…」
衝撃事実に、白い灰になりかける参加者さん。

「ヘイユー!! それ、伸びしろ!落ち込んでるヒマはないぜ!」
私、励ます。

この一連の流れが、お約束になっております。

 

今後のレッスン内容は、ちょっと見直して、新居が落ちついたらレッスン復活いたします。
ご参加のみなさま、ありがとうございます。本当にお疲れさまでした☆