股関節のこと

死んだカエルのポーズで、股関節を動かす

股関節が硬い。

 
クライマーの股関節は、そんな可愛らしいレベルではないのだな。
と、気付いてから、まず固まってしまった股関節をはがすことから始めました。

 
kokansetsu2.jpg
猫背の姿勢で、股関節と骨盤と腰椎部分が固まっているのです。
 
腰のリリース方法は、先日紹介しました。姿勢が悪すぎてリハビリ効果のでないクライマーのための腰部PNFストレッチ

 
 

股関節は球関節です。
関節にはいくつか種類があるなかで、自由度が高い動く構造にできてます。
 
ボール状の先端(大腿骨頭)が骨盤にはまってます。
それが、姿勢が悪くなることで固まってしまい、股関節が動かなくなる。

 
動かないというか、もう癒着してしまってます。
 
kokansetsu_201502112117247b7.png
クライマーの股関節の癒着をはがすために、死んだカエルになります。
 
「では、死んだカエルになりまーす。」
とレッスンで言ってます。
 
写真での紹介は、はばかられるポーズですが、恥ずかしがる必要はありません。
 
そして、ペットボトルのふたを開ける要領で、股関節を動かす。
 
うめき声とともに、股関節がはがされていきます。
 
股関節の存在、そしてその可動性に気付いたときの感動。
股関節が立体的に動き出すことで、重心の安定を感じられたらOKです。

 

 

姿勢が変わると動きの質が変わる

骨格コンディショニングレッスンでは、骨盤立てよう!

そうすると
股関節が動きます。
上半身と下半身の連動してなめらかに動けます。

と説明しますが、姿勢と動きの変化を比較する動画をとってみました。

姿勢の悪いバージョンは「もうできなくなってる。」と、苦労してました。
壁とカラダの距離、動き出しの違い、動きの流れ。
変化が分かりますか???

 
◆姿勢が悪い(骨盤後傾)→股関節が動かない
その結果、足は動かないし重心が下がる、動きがぎこちない

 
◆姿勢が良い(骨盤立位)→股関節が動く
重心の安定、つま先に力が入る(足が使える)、効率的な動き
その違いが動画にあらわれています。
kokansetsu.jpg
姿勢が悪い(左)
お尻が下がってしまい乗り込めない、必死で腕でしがみつく。顔も必死こいてる、あっというまにパンプして終了。
姿勢が良い(右)
カラダが腰(足?)に乗っかるので、レストポイントがとっても楽になったとのこと。手を離しても安定しています。

 
特にリードで違いを感じるそうです。この小さな積み重ねが核心部に影響するのですね。
そんな訳で、姿勢は良いほうがいいよね。
という結論にいたりました☆

 

 

スタンスに足を置いてるだけかもしれません。

クライミングは足だ!
というけれど、実際どういうことなんでしょうね。

 
足首の可動域が必要?
ふくらはぎの筋力UP?
シューズの性能なの?
では、足の指がちゃんと動かせてるか、考えたことはありますか?
asikubi.png
足首を曲げる(底屈)には、赤で示した腓腹筋ヒラメ筋が主動筋です。
でも、紫の長趾屈筋長拇趾屈筋も足首を曲げるときに必要です。この筋肉は足の指を曲げる筋肉でもあります。
赤い筋肉の下に紫の筋肉がございます。深層筋てやつです。

 
試しに、
足の指を伸ばしたまま、足首を曲げてみてください。

足の指でぐーして、そのまま足首を曲げるとどうでしょう?

 
しっかり力が入って、足首が曲がる感じが出ると思います。
足の指+足首が同時に曲がると、踏み込む力が強くなるということ。

 
そう考えると、足の指が動く。
というのも、クライミングでは大事な要素ではないでしょうか。

 
特にクライミング経験が長い人ほど、足の指は死んでいます。
小さなクライミングシューズの中で、纏足(てんそく)と同じような効果が生まれているのです。

 
なので、足の指をリハビリします。
足の指でグーチョキパー。できるでしょうか?
それぞれの指、しっかり開きますか?グーしたとき、小指が開いていませんか?

 
踏み込む感覚が薄い、すぐ足が切れる。
足の指が、臨終してるのが原因の一つかも。

 
また、足の指は、骨盤を立てて、股関節が動くようになると復活することが多いです。そして腹圧をかけると、さらに指先が蘇るのです。(続きはレッスンで…)
カラダの構造ってうまくできてて、ちゃんと繋がってるなぁ、と感じます。