ストレッチング

足首が硬くてしゃがめない

絶望的に体が硬いヒト。
足首が硬く、しゃがむと踵が浮いてしまいます。
 
ashikubi.png
和式トイレが無理とか、ヤンキー座りができない人々の図。
足首が硬い+太もも裏がつっぱって前屈だってできません。
 
ここまでカラダが硬い人々に共通してるのは、足の指が動かない骨盤の後傾の2つ。
足の指が動かせてないというのは、指が浮いているということ。
足裏にまんべんなく体重が乗らないので、
かかと重心。→骨盤が後ろに倒れてしまう。

ashikubi2.png
骨盤が後傾すると、ハムストリングスふくらはぎが縮む状態。
骨盤が立てば、すねの骨(脛骨)で体を支えることができて、脚の筋肉への負担がなくなります。
 
めちゃめちゃ肥満体なのに、脚だけスラっとした外国人を見たことはないだろうか。
日本人は上半身がりがりなのに、脚が太い人が多い。
 
骨盤後傾で、常に脚の筋肉で体を支えるので、筋肉が疲労し硬く太くなってるんです。
太もも裏やふくらはぎが攣ったり肉離れにもつながります。
 
 


筋肉が硬くなるからストレッチングするんじゃなくて、筋肉が硬くなる原因を排除する考え方。

 
いくらストレッチングしても体が柔らかくならないのは、原因に目を向けていないから。
体の硬い人には、まず足の指のリハビリ。
土台となる足の指(特に小指と薬指)に復帰してもらうエクササイズ。
 

足首を柔らかくするには、まず姿勢改善です。
それから足首ストレッチングも試してみる。