クライマーの骨格コンディショニング

足の機能チェッキング、左右で苦手ムーヴがある理由

クライマー 足 使う

最近、レッスンのアップ&機能してない部分を自覚してもらうために始めたつま先歩き。

 

小さい子の生活を見学してると、つま先立ちの瞬間がすごく多いです。
背が小さいから、上のものを取ろうとするたびに伸びあがってる。足ぴんぴんです。
大人になると日常で踵を上げるなんてほとんどない。むしろ、猫背で小さくなってるし…

だけど登ってるときは、踵を上げ(足首を伸ばす)ないと、体を持ち上げたり、かき込んだり、踏み込めない。

 

 

とりあえずやってみてもらった。

◆だんだん踵が上がらなくなってくる
◆ふらつく
◆足がつりそうになる
◆親指側にしか体重がかけられない

 

 

 

【やり方】

踵を上げて爪先立ち4歩踵を落として普通に2歩歩くつま先立ち4歩踵落として2歩。。。。

 

これの延々と繰り返しながら、うろついてください。まずは2分続けます。1、2、3、41、2と心のなかでカウンティング。
上げ2歩、下げ2歩でもOK。

 

 

足の指で床をつかむ、というより床を押す感覚です。

目線はまっすぐで、おなかから体が動くようになります。

 

左右の違いが、すぐ分かると思います。
機能してない方があるために、同じムーヴでも右はぜんぜん苦手という理由につながります。※それが全てではないですよ

筋力がないのではなく、“機能してないから”。
最も弱い環の法則ってやつですね。

 
この動きを続けてみても、復活の兆しがないなら、やばし。
通信講座動ける体編で、足の機能改善がオススメ。

 

足の左右での機能差が、体の歪みになり、肩、指、腰の痛みへと。。。あな恐ろしや!

 

通信講座に記事を追加しました。

【通信講座】基本機能改善プログラムに2記事追加しました。

 

はいはいと肩関節の安定と(全部公開してます)

飛行機ぶーんで背筋群蘇生(腹圧の練習も)

 

 

これらの動きをすると、体の深部が熱くなります。インナーマッスルにスイッチが入った証拠。普段、アウターに頼りきっちゃってるんですね。

基本機能改善プログラムで、姿勢をしっかり改善してケガ予防くださいませ~。

 

 

 

通信講座 基本機能改善プログラムをアップしました。

クライマーの骨格コンディショニング通信講座、基本機能改善プログラムをアップしました。(有料)
※内容はまだ半分くらい。随時、記事は追加します。

 

 

体の機能は私たちが2本の足で立って、歩くまでに形成される。というのが基本機能改善プログラムの基本的な考え方。

おなかの中の胎児の状態からスタートして、寝返りやハイハイをもとにしたエクササイズで成長過程で獲得する機能をもう1度体に教え込んでいきます。

なんだかんだ言って、「赤ちゃん最強じゃん。」と感じるはず!!

 

表層の大きな筋肉ではなく、深層の小さな筋肉。動きのなかでインナーマッスルが自然に活性化されます。肩関節や股関節、体幹の機能を見直す。全身の協調性を上げる動きです。

 

 

・猫背を治したいけど、治らない

・ストレッチングしても可動域が上がらない

・肩関節が不安定

・インナーマッスルが弱い

・肩の力が抜けない

・弱い部分を鍛えてるのにケガしてばかり

 

 

そんなクライマー向けのプログラムです。

クライマーの骨格コンディショニング通信講座、基本機能改善プログラム