ブログ, 股関節のこと

重心移動のための股関節 その3

重心移動のための股関節 その2で、股関節の外旋が大切とお伝えしました。

じゃあ、外旋させる筋肉(外旋六筋)は機能してるか。
チェッキングしてみましょう。

股関節外旋
外旋筋です。細かいのが6つあるので外旋六筋。
股関節の深層筋なので、この筋が機能してないと股関節が不安定です。

 

クライミング 股関節ストレッチ

つっぷしてみる。悲しいことを思い出すと涙が出る姿勢。

力を入れて踵(かかと)をがっつり合わせる。3秒キープ、脱力。3秒キープ、脱力。を繰り返す。

 

 

ピンクで示したお尻の奥のほうにじわっときます。

 

ヒップがだるくて仕方ないというクライマーは、ふだん外旋筋が遊んでるサイン。股関節が動いてない可能性が高いです。
※脚を横に上げる(外転)ための小殿筋、中臀筋については、ここでは省略

 

お尻が薄い。垂れてる(泣)。というのも特徴です。

 

外旋筋にスイッチを入れると、骨盤が立ちやすくなります。股関節が立体的に動く。重心移動できる、足上げやすい、しかもプリケツゲットだぜ!

 

クライマーの骨格コンディショニングでは、股関節を動かすための準備で、この動きをします。それからさらに立体的に動かす、足先まで動きをつなげていくエクササイズを行います。