ブログ, 股関節のこと

死んだカエルのポーズで、股関節を動かす

股関節が硬い。

 
クライマーの股関節は、そんな可愛らしいレベルではないのだな。
と、気付いてから、まず固まってしまった股関節をはがすことから始めました。

 
kokansetsu2.jpg
猫背の姿勢で、股関節と骨盤と腰椎部分が固まっているのです。
 
腰のリリース方法は、先日紹介しました。姿勢が悪すぎてリハビリ効果のでないクライマーのための腰部PNFストレッチ

 
 

股関節は球関節です。
関節にはいくつか種類があるなかで、自由度が高い動く構造にできてます。
 
ボール状の先端(大腿骨頭)が骨盤にはまってます。
それが、姿勢が悪くなることで固まってしまい、股関節が動かなくなる。

 
動かないというか、もう癒着してしまってます。
 
kokansetsu_201502112117247b7.png
クライマーの股関節の癒着をはがすために、死んだカエルになります。
 
「では、死んだカエルになりまーす。」
とレッスンで言ってます。
 
写真での紹介は、はばかられるポーズですが、恥ずかしがる必要はありません。
 
そして、ペットボトルのふたを開ける要領で、股関節を動かす。
 
うめき声とともに、股関節がはがされていきます。
 
股関節の存在、そしてその可動性に気付いたときの感動。
股関節が立体的に動き出すことで、重心の安定を感じられたらOKです。