ブログ, 呼吸

自然なのはどっち?

先日の岐阜でのレッスンでも、腹圧を高める呼吸法をお伝えしました。
高校生男子ともなると、すでにおなかが固まって、膨らまない子もいます。
そういう子は、ひねる動きが制限されてしまってる。

 
おなかは縮めない。
というより固めない。が正しいかも。
 
このへんのニュアンスは、実際にレッスンに参加してもらわないと伝わりにくいです…
 
レッスンでは、腹筋をめちゃくちゃ縮めないとできない動きもしてもらってますし。
そこで、ドローインと腹圧の違いを説明していると、あるお子さんが「やっぱり!」と言い出しました。
トレーニングのためにドローインをするように指導されたけど、ぜったおなかを膨らませるほうがいいと思ってた!と青年の主張。
 
 
sisei
ドローインやめました②で紹介したように、
 
1.おなかを縮める(ドローインする)と骨盤が後傾する。重心が後ろに。
2.おなかを膨らませる(腹圧をかける)と骨盤は前傾。重心が前に。
 
重心が前にあるほうが、動きやすいんです。
 
この動きの質の違いを、感覚的に理解できていれば、「ドローインはおかしいわ。」と気付くんです。

 
流行ってるから。新しいから。みんなが言ってるから。
そうではなくて、自分で感じてください。
違うと思えばやらなくていいでしょ。
子どものカラダに不自然さを強要しない。子どもは、自然にカラダが動くんです。
 

2014-09-09 | ブログ, 呼吸